BLOG

芝生の中に、ネジバナが咲き始まました。
小さい花ですが、ランの仲間の多年草。右巻きと左巻きがあります。

拡大すると、ラン科であることが納得できます。

そして今日、1羽目が孵化したようです。巣の下に殻が落ちていました。ツバメは最初に孵化した殻を巣の近くに落とし、大家さんに報告するんだとか。残りの殻は天敵に気づかれないように、遠くに捨てに行きます。

殻の写真を撮っていたら、上から親鳥が見下ろしていました。

店の入口付近ですので、頭上注意!


追伸:ヒナたちは7月9日に巣立ちました。

下の写真は前日の様子。親鳥に巣立ちを促されてるような。

2月15日に雨漏りの改修工事を行いました。何回目の工事でしょうか。これで雨漏りが直ればいいのですが。

後日、また雨漏りしました。

外観からは想像出来ないほど、手抜き工事だらけです。

その後も改修工事は続く予定でしたが、建設会社(エム・ランド建設)からの連絡は途絶えたままです。全く信用できない建設会社に発注してしまい、後悔してます。




孵化後16日目、すっかり大きくなって、親鳥と変わらない位になりました。全部で4羽、巣が狭そうです。

このあと親鳥が巣を少しずつ壊し、巣立ちを促がしていました。

21日目には全て巣立ち、小さくなった巣だけが残っています。

店の入口の軒下にツバメの巣が。。。

6月も半ば過ぎですので、ちょっと遅い巣作りです。

ご来店の際は、頭上に十分ご注意下さい。

垂直な壁でも留まることができるらしい。

2階奥にあるWater & Paletteさんの展示スペースに、ニュージーランドの写真を4点展示しました。テカポ湖とルビナスの花の幻想的な色合いをお楽しみください。撮影者はyachiyoさんで、昨年末に訪れたそうです。


店の向かいにある池に鴨がやってきました。たぶんカルガモです。

当店の「つけ鴨そば」で使用している鴨肉は、国内で飼育されたもの(青森県産・バルバリー種)です。

柚子の実が黄色く色付きました。実の数は小さいのも含めて20個ほど。柚子の木は半分枯れてしまったため、今年はこれだけです。

柚子の木が枯れたのは、外構工事後の土の埋め戻しが不十分だったため。埋め戻した部分が芝生ごと大きく陥没してしまい、柚子の木も傾いてしまいました。別の場所でも突然地面に大きな穴があいたりと、散々です。建物も色々と問題があって、壁には雨漏りの跡が残ったままです。建設会社の選定は慎重にしないと。(もう店舗を建てる予定はありませんが。)

店の入り口近くに植えてある柚子の木ですが、今日、花が咲きました。柚子といっても本柚子では無く、花柚子と呼ばれる種類のもので、小さい柚子の実をつけます。枝を大分切り落としたので、花の数は少なめです。

そして、柚子の木の近くにはネモフィラらしき花が1株だけ咲いています。鳥が種を運んだのでしょうか。

2階に上がってすぐの場所に写真を飾りました。

山に登って撮った日の出の写真やダイヤモンド筑波等、とりあえず計11点です。

2階へはご自由にどうぞ。

今後はもう少しギャラリーらしく展示して、ソファー等も置きたいと思います。

(いつになるか分かりませんが。)